〈講師インタビュー〉トロンボーン 亀谷 彰一 先生




ようこそインタビューページへ

この楽器や先生のこと、皆さんにもっと知ってもらいたい。

だから、先生にインタビューしてみました。

このページでは、先生のお人柄も感じながら楽器の魅力に触れていきます。



 Q1 先生は小さい頃、どんな子どもでしたか?


    元気な子供。


 Q2 どんなきっかけで、この楽器を始めたのですか?


    中2で吹奏楽にて。

 Q3 好きな曲や作曲家など、その理由もききたいです。


    モーツアルト。

    なんでも美しい!


 Q4 先生はこれまで、どんな人に影響を受けましたか?

    ミッシェル・ベッケ。

    パリまでトロンボーンを習いに行きました。


 Q5 先生にとって、この楽器はどんな存在ですか?


    人生そのもの。


 Q6 先生はいま、どんな活動をされていますか?

    演奏とレッスン。

    奏法や呼吸法の研究。


 Q7 ふだんのレッスンでは、どんなことに気をつけていますか?

    その子の持っている可能性を見つけてあげる。


 Q8 おしまいに、これからこの楽器を始める人にエールをお願いします!

    こんな素敵な楽器は他にありません!!


亀谷先生、ありがとうございました。

皆さんが楽器を通して音楽の世界を広げていかれること、心から応援しています。

楽器やレッスンに関するお悩みなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。


✿コース詳細はこちら


24回の閲覧0件のコメント