〈講師インタビュー〉クラリネット 村田 俊之 先生

最終更新: 1月30日




ようこそインタビューページへ

この楽器や先生のこと、皆さんにもっと知ってもらいたい。

だから、先生にインタビューしてみました。

このページでは、先生のお人柄も感じながら楽器の魅力に触れていきます。



 Q1 先生は小さい頃、どんな子どもでしたか?


    ゲームと漫画とディズニーが大好きな子供でした。

    今でも大好きです。


 Q2 どんなきっかけで、この楽器を始めたのですか?


    市民バンドでクラリネットを演奏している叔父の影響。

 Q3 好きな曲や作曲家など、その理由もききたいです。


    ありとあらゆる作曲家が好きでその時によって変わります。

    今はモーツァルトでしょうか。

    曲、これもありすぎて困りますが、モーツァルトの作品にしぼると

    彼のオペラ作品は全般好きです。理由、自分でも分かりません。

    モーツァルトの作品を聞いていると涙が止まらなくなることがよくあります。


 Q4 先生はこれまで、どんな人に影響を受けましたか?

    たくさんいます。

    その時によって変わりますが、今一人あげると

    レナード・バーンスタインという音楽家です。

    彼の生前残した言葉で「私は人を愛しているが故に音楽を愛している」

    という言葉がとても好きです(一言一句正確ではないかもです)。


 Q5 先生にとって、この楽器はどんな存在ですか?


    人と人を結び付けてくれるものです。


 Q6 先生はいま、どんな活動をされていますか?

    クラリネットの演奏や指導、

    それから市民バンドなどへの指揮もしています。


 Q7 ふだんのレッスンでは、どんなことに気をつけていますか?

    生徒さんの内にある人間性や音楽を育むようなレッスンをしたいです。

    それから共に学んでいきたいと思っています。


 Q8 おしまいに、これからこの楽器を始める人にエールをお願いします!

    音楽を、そしてクラリネットを通してより豊かな生活を送りましょう!


村田先生、ありがとうございました。

皆さんが楽器を通して音楽の世界を広げていかれること、心から応援しています。

楽器やレッスンに関するお悩みなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。


  ✿コース詳細はこちら


46回の閲覧0件のコメント