〈講師インタビュー〉オーボエ 石田 正 先生




ようこそインタビューページへ

この楽器や先生のこと、皆さんにもっと知ってもらいたい。

だから、先生にインタビューしてみました。

このページでは、先生のお人柄も感じながら楽器の魅力に触れていきます。



 Q1 先生は小さい頃、どんな子どもでしたか?


    元気でしたが運動神経は悪かったです。

    ピアノはおけいこ程度に行ってました。


 Q2 どんなきっかけで、この楽器を始めたのですか?


    木曽川高校に入学した時に吹奏楽部に入ったのがきっかけです。

 Q3 好きな曲や作曲家など、その理由もききたいです。


    バッハ「ゴルトベルク変奏曲」:

      音楽への汲めども尽きぬ探求と愛情を感じます。


    シューベルトの歌曲など:

      一見シンプルな中に込められた端正さと美しさが好きです。


    ブリテン「戦争レクイエム」:

      人間の尊厳とは何かを、考えさせられます。


 Q4 先生はこれまで、どんな人に影響を受けましたか?

    オーボエ奏者で言えば、モーリス・ブルグ氏。

    昨年R.シュトラウスの協奏曲をオーケストラで伴奏しましたが、

    76歳を過ぎてもなお完璧なテクニック・暗譜のみならず、

    極めてフレッシュかつ深い表現の音楽性に驚嘆しました。


 Q5 先生にとって、この楽器はどんな存在ですか?


    とても魅力的ですが非常に気まぐれで繊細なパートナーだと思っています。

    オーボエよりも現実の人間を相手にしてる方がよっぽど楽ですね。


 Q6 先生はいま、どんな活動をされていますか?

    オーボエの演奏やレッスン、

    そして吹奏楽やオーケストラの全体指導をしています。


 Q7 ふだんのレッスンでは、どんなことに気をつけていますか?

    単に奏法のみならず、音楽や社会全般に興味をもってくれるように

    教えています。楽しくが第一です。

    ただきちんと練習してこない生徒に対しては厳しい時もあります。


 Q8 おしまいに、これからこの楽器を始める人にエールをお願いします!

    オーボエは、その華やかな音色とは裏腹に、

    地道な練習と強い精神力を求められます。

    コツコツ積み上げていきましょう。


石田先生、ありがとうございました。

皆さんが楽器を通して音楽の世界を広げていかれること、心から応援しています。

楽器やレッスンに関するお悩みなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。


  ✿コース詳細はこちら


35回の閲覧0件のコメント